Loading_mid  Loading

緊張のyenta女子会

byToshiyuki Oka - Product Manager

Posted on 2016年6月9日 15:24


yenta女子会の集合写真

yenta開発責任者の岡です。

6月2日(木)20時から、人生初の「女子会の主催」をやってみました! 約20名の女性にお集まりいただき、本当に女子だけで運営をしてみたところ、前日に開催した「yenta User Meetup」以上の盛り上がりを見せる結果となりました。


色んなバックグラウンドの女性が集結


当日、全員に簡単な自己紹介をしていただいたんですが、 女性社長、凄腕フリーランス、学生起業家、エンジニア、デザイナー、ライター、広報などなど、職種は違いますが、みんなビジネスの世界で活躍されている方々で、女性のキャリアの話だったり、お互いに持っていない経験を交換しあったりと、23時近くまで終始話の絶えない女子会になりました。

ちなみにまだ生後数ヶ月のお子さんを連れてこられた女性社長も来ていただいたおかげで、アットホームな雰囲気すら感じましたね。


女子会への意気込み


何度かイベント運営をしたことはあるものの、今回は初めての女子会の主催。。しかもビジネスの一線で活躍されている方が多い。。。

色んなことを想定して準備をしてみました。 BGMはどんな雰囲気がいいのか?証明は通常より暗めにして、シャンパンも用意して、ピザだと食べにくいだろうから簡単に手で取れるサンドイッチにしてみたり!

チーズもオシャレにグラスに盛り付けたり、近くの成城石井でスイーツや果物を調達してきて、いい感じに並べたり。 中々の浮足立ちっぷりで準備を進めました。盛り付けとかはうちの女性社員に協力してもらいましたが、改めて自分のセンスの乏しさを痛感しましたw


真面目な話


今回いくつか開催予定のイベントの中に女子会を入れたのは、いくつか理由があります。

1. yentaを利用する女性の気持ちを具体的に知りたい

yentaは真面目なビジネスマン同士の出会いを生み出すアプリですが、当然男性よりも女性のほうが利用する際に気にすることや不安なことが多いはず。 それを理解するために、実際に使っていただいている女性ユーザーから生の声をいただき、それをアプリに反映していったり、実際にyentaの開発チームのメンバーとお会いいただき、どんなコンセプトでどれくらい安心して使っていいものなのかを感じて頂ける場を作ったりする必要があると思い、女子会を開催しました。

2. 女性も含めてビジネスを加速させたい

最近では当たり前になっていますが、女性が働き続けるという選択肢に違和感のない社会にはなってきたものの、まだまだ環境が整っていなかったり、不安やストレスを感じることも少なくはないはずです。

今回のご参加いただいた方の中にも、女性の社会進出や女性がもっと輝ける社会を実現しようとされている方がいて、今後の女性の働き方などに興味が強くなりました。

3. 女性ユーザーを増やしていきたい

上述したことを促進していくためには、当然もっと多くの女性ユーザーにyentaを使ってもらい、ビジネス領域における女性の存在感を増していく必要があります。

今回参加できなかった女性ユーザーの方々からも多数、また開催してという声を頂いているので、yenta女子会を定期的に開催していきたいと思ってます!


最後に


今回来ていただいた方の中でも、実はyentaで知り合ったんです〜っていう方がいて、しかも、二人がなんと中高(?)同じ学校に通っていた方同士だったらしく、ただのビジネスの繋がりを超える仲の良さでお付き合いされているそうです。

yentaの「ビジネスを加速させる出会い」の中には、直接ビジネスに繋がらなくても、一人の人間として繋がり、人生が充実したり、人生が変わったりすることも含まれていると考えています。それが間接的にビジネスを加速させることに繋がることは、皆さんにも容易にご想像いただけるのではないかと思います。

それでは、次回もお楽しみに!!

yenta blogとは

完全審査制AIビジネスマッチングアプリ「yenta」を開発しているチームが、yentaの開発の裏側、各種統計データ、イベント告知やリリースノートなどを更新していきます。

アプリはダウンロードはこちら。yentaをApp Storeからダウンロード

最新の投稿をチェックしたい人はいいね!